spiral staircase

日々ぐるぐる

12月の映画

すごく久しぶりの更新ですが…。
12月はそこそこ映画を見た方なので、鑑賞メーターの記録を貼り付けておきます。

個人的にはやはりインターステラーが凄かったな、という感じでした。
とりあえずスクリーンで観れて良かったなと。
あと寄生獣。予想よりずっと楽しめました。
ものすごくうるさくて〜は、ついに見てしまったなーという感じ。ただ思っていたより暗くなかったです。
ネタバレ等隠していないので注意してください。



2014年12月の鑑賞メーター
観たビデオの数:6本
観た鑑賞時間:661分

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]
BSにて。1の終盤から見始めた続きで見たけど大体話はわかった。面白かったけどちょっとテンポ悪くてイライラすることがあったかなー、この手の作品は1作目の方が面白いんだろうなと思いました。しかし発想は面白いしデロリアンはかっこいいので見れて良かったかなと。あとジョジョでよく見るネタが多くて、元ネタここだったのか〜!と思ったり…そういう意味でも楽しめました。
鑑賞日:12月27日 監督:ロバート・ゼメキス

地上波録画にて。うーん、後半というか終盤30分くらいは凄く良かった。感動した。実に日本らしい映画だった。特に橋爪さんの丁寧な演技は素晴らしい。それだけに前半の1時間弱の退屈さが勿体無かった。前半は目的がぼやけ過ぎてて凄くつまらなく感じてしまった。あと台詞回しとかがあまりにも現代の雰囲気に合ってなくて浮いてるのが気になった。舞台が20年前の日本ならまだ良かった。小津安二郎のオリジナルを見るべきかな。あとこの作品に限らずだけど、無理矢理震災要素入れなくて良かったんじゃないの、って思う。
鑑賞日:12月21日 監督:山田洋次

予想より面白くて少し悔しかった…染谷将太も意外と上手かったし深津絵里もよかった。あと橋本愛もさよならドビュッシーで見た時よりずっと可愛かったなぁ。話も頑張ってまとめた方だと思う。正直邦画だしグロ抑え目なんだろうなーと思ったら結構色々出てて心配になりました。これPG12で大丈夫なんだ?とりあえず原作を読み直して後半に備えます。
鑑賞日:12月19日 監督:山崎貴

ついに見てしまったという感じ。見てて辛いけど終始どこかに救いがあるような安心感がありました。でもオスカー役のトーマス・ホーンの演技が完璧過ぎて中盤からずっと泣いてたような笑。911要素は思ったより薄かったけど、オスカーの行動に至る説得力としては十分過ぎるほどかと…というか、これ以上重かったら見た後に救われた感じがしなかった気がする。
素晴らしいんだけど、非常にずっしりくる作品なので、あまり見直したく無いかもしれない。感動作、というよりも個人的にはやるせない作品という印象。いや、確かに良い作品なのですが。
鑑賞日:12月17日 監督:スティーブン・ダルドリー

マダム・マロリーと魔法のスパイス [Blu-ray]
思ってたより料理してなかったような…?笑
先の展開が予想出来ちゃう脚本でしたが、心温まる良い映画でした、舞台となるフランスの片田舎の風景もすごく綺麗ですし。メインとして登場するマダムのフランス料理店と相対するパパのエスニック料理店も、どちらも美しく個性的な店内で室内のシーンも見てて飽きませんし。
見た後は無性に美味しい料理を食べたくなるので、事前に気になる料理店をチェックしてから見るのをオススメします笑。
鑑賞日:12月15日 監督:

いやー映画館で見て良かった、ほんとに良かった。どっぷり浸れました。TARSがいつ裏切るのかヒヤヒヤしたけど、3時間退屈せずに楽しめた。映像も凄く良かったけど構成もわかりやすかったなぁ。もう一度見に行きたい!!やっぱりノーラン好きだしキューブリックは凄かったなーと思いました。正直面白すぎて感想とか書くのもままならないというか、言葉で説明する国語力が足りないや。
鑑賞日:12月03日 監督:クリストファー・ノーラン